読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cuori

DortmundとJef unitedと香川真司と英国と

香川真司お誕生日おめでとう2016(大遅刻)

 

香川選手お誕生日おめでとうございました。た。(遅い)

 

とにかく、誕生日にブログをアップしたかったんですけど、海外にいてアップできなかったんですよハハハ言い訳ですけど。香川真司選手ついに27歳ですよ、めでたい。

 

いっつも同じこと書いてるんですけど、同じことを書くことに意義があるのかもしれないと思い、自分の思いを綴ります。

私がサッカーと出会ったのは小学生の頃。お父さんは熱血のジェフサポで(もうほとんど見てないけど)、地元だったのでよく連れてかれてました。初めてサインをもらったのは阿部選手。今でもお父さんにキャップを持たされて、サインもらってこいって言われて阿部ちゃんからサインをもらった瞬間は忘れられません。でも小学生の私はあんまりサッカーに興味を持つことはなく、まぁ父の付き添いで行ってるっていう感じでした。

そして時は過ぎて、2010。私が初めてちゃんとW杯を見たのはこの年からでした。この時も阿部選手を全力応援してて、それ以外の選手はほとんど覚えてなかったなぁ。阿部ちゃんがDFとしてかっこいいプレーしてるのは、見ていてワクワクしたのを覚えています。でもそこでもそんなにはまらなかった。

 

そしてその後少し経って、たまたま代表戦をやってて、なんとなーく見てて、その時知ってる選手が内田選手しかいなかったので、内田選手イケメンだなぁってぼーっと見てました。試合終わった後、気になって画像検索してて、その時に見つけちゃったんですよ。内田選手の隣で笑ってる可愛いらしい選手を。その時は香川選手のカの字も知らなかったので、検索して、香川真司っていうんだってのを知って、そこからどんどん気になっていって、画像見るたびに可愛いな!こんな選手が代表にいるんだ!ってなって、そこから沼に入っていきました。

プレー動画を見て驚いたなぁ。だってあんなに可愛らしくて少年みたいなのに、堂々と世界の舞台でプレーしてて、本当にカッコよかったから。彼のプレーは私がサッカーに抱いたことのない感情を、たくさん持ってきてくれました。かっこいいとは思ったことあったけど、美しいとか綺麗とかそういう単語をサッカーに対して使ったのは香川真司が初めてで、一種の芸術のように見えて、それがすごく楽しかった。

いろんな雑誌やTV番組を見て、彼の内面を知って「少年か!!!!!」って突っ込みたくなるほど純粋で、おバカさんで、でもまっすぐで、そういうところも本当に好きになって。ほんと見た目と同じで、20代なのに少年っぽさがあって、でも凄く心に決めたことに関しては誰よりも強い意志をもって貫いてるって知って、ああこの人をずっと応援したいなぁってより真に思うことができました。

 

しんじくんを応援してて、楽しい時も辛い時もありました。でもまぁ、今思うといい思い出だし、応援したから出会えた人だったり、見れた景色だったり、そういうものが沢山あったなぁって思います。出不精の私をイギリスにもドイツにもシンガポールにも行かせた香川真司ってやっぱりすげぇや(笑)

いつだって、私の想像を超えてくれる。どんなに壁があったとしても、その壁を乗り越えてくれる。そういう人だって知ってます。見てきてたった4年位の私が語ることじゃないかもしれないけど、香川真司は大丈夫だって思ってます。

まぁそうは言っても、ファンだから心配もするし、ドキドキもするし、落胆もするんですけど、でもね。どんなにそうなっても心の奥底では、きっと大丈夫だって思えるようになったんですよ。ちゃんと大人になったしんじくんを見てますから。

だからこれからもハラハラしながらも、その背中を見つめていこうと思います。最近は私の方が疲れちゃってすこし、おやすみしたりするかもだけど、しんじくんが笑顔でピッチを去る日まで応援したいという気持ちはずっと変わってないから、いつかくるその日まで、ずっと応援するよ。

怪我だけには気をつけて、あとはあるがままにあなたの大好きなサッカーを楽しんでください。

 

 

長々と語ったけど、27歳の誕生日おめでとう、しんじくん。

 

香川真司雑誌備忘録

 

こんばんはむじこです。ずっと前からしんじくんの魅力をだらだら〜っとジャニヲタのブログ如く書き散らす記事やりたいなって思ってたんですけどその前に、これやらせてください。

 

*香川真司雑誌備忘録

雑誌マニアです。アイドル・声優・アーティスト・お笑いっていろんなヲタクやってきましたけど、そんな方々が載ってる雑誌をかき集めるのが本当に大好きで、自分の部屋に本棚が3つあるぐらい雑誌で埋まってます。実際に手にとって彼らの言葉を聞ける雑誌って凄くいい資源。昔はツイッターとかで気軽につぶやいたりしてくれなかったので、雑誌から得る情報って凄く多かったんです。なんでどんどん集めちゃってました。

でも正直に言うとしんじくんの雑誌集めるのめっちゃ手こずりました…だって情報が全然ないから。ヲタクの集まるジャンルって結構そういうの残してくれてる方とかが居てそれを頼りに集めたり出来るんですけど、サッカーはそういう感じでもなかったから大変でした。今もそんなに集まってないんですよね…

でも最近香川真司のことを好きになって、もっと知りたいなって思ってくれてる方に向けて、そして私の雑誌整理に向けて(こっちが結構目的、爆)今まで私が買った雑誌一覧リスト作りたいと思います。注意として、基本的には私が彼にハマった2012年からしか雑誌はちゃんと集まっていません。それ以前のものは色々探し回って集めたものです。又2014年は日本に居なかったためかなり抜けてます。。。。いいなーと思ったものしか買ってないので抜けが結構ありそう……それでもよければどうぞ!

 

*付きはしんじくん表紙のものです。

 

・週刊サッカーダイジェスト

2009.12.1 移籍マーケット「噂の真相」*

2010.10.5 ニッポンのカタチ。* 巻頭特集 香川真司のすべて

2012.6.5 香川真司「マンチェスター・UのKAGAWA」* 巻頭特集 表紙かわいい

2012.6.19 「ザックジャパン完璧な第一歩」 Wエースポスター付き 素敵

2012.6.26 ザックジャパン「強者の行進」 *Wエース表紙

2012.7.12 香川真司がマンチェスター・Uと正式契約!! *

2012.8.14 ロンドン五輪ベスト8進出決定! 香川真司ポスター付き

2012.9.4 欧州組23人のスタメンの確率 *

2012.9.11 欧州組のデビューを追え*

2012.9.18 「ザックジャパンの常識を疑え!!」*

2012.9.25 本田圭佑×香川真司 ダブルエースの活用術 *Wエース表紙

2012.10.30 「会心のアップセット」*

2013.4.9 ワールドカップに懸ける思い

2013.5.14 欧州組の去就予想 *

2013.6.11 さあ、行こうブラジルへ*

2013.7.9 ザックジャパンYES or NO?*

2013.8.13 日本代表改造計画

2015.8.13 欧州組完全読本*

2015.9.24 W Shinji 日本人アタッカー「成功の法則」 *Wシンジ表紙

 

・週刊サッカーマガジン

2010.5.4 Jリーグ全37クラブの助っ人激辛査定

2012.1.10 Xmas Charity Soccer サンタしんじ

2012.6.26 最強ニッポンの6つの秘密 *Wエース表紙 Wエースピンナップ付き

2012.7.3 ザックジャパン完全査定 *ザックジャパンスタメン組表紙

2012.7.10 夢の劇場へ *

2012.8.7 How about KAGAWA * ピンナップ付き

2012.8.14 GIANT KILLING

2012.9.18 香川真司進化論 *

2012.9.25 本田か香川か *Wエース表紙

2012.10.30 日本は本当に通用したのか *

 

・Number

765 越境最前線*

786 ブンデスリーガの日本人*

771 天才プレーヤーの作り方

772 アジア杯激闘録。

787 日本の論点。*

791 世界で戦えるサムライの作り方*

796 GMに学べ

800 日本サッカーの進む道。*

803 香川真司に続け *クロップに胴上げされるしんじくん表紙

806 Wエースの誕生。*

811 世界最高峰への扉は開かれた。*

814 プレミア最前線。*

819 蹴球維新。

823 ビッククラブの壁を突破せよ。 *

829 本田圭佑は3度、蘇る。

830 さあ、ブラジルだ。

831 徹底検証3戦全敗。

854 日本代表23人に問う。

886 俺が変われば日本は変わる。*

 

・SAMURAI FOOTBALL とサッカーai

写真メインの二つ

vol.2 SAMURAI FOOTBALL

vol.5 SAMURAI FOOTBALL

SAMURAI FOOTBALL ビジュアルガイド2012-2013 *

SAMURAI FOOTBALL ビジュアルガイド 2013 Winter

2012.8 サッカーai

2012.10 サッカーai

2013.2 サッカーai

 

・その他サッカー系雑誌

2013.4 SAMURAI SOCCER KING *かっこいい

2013.9 SAMURAI SOCCER KING *かわいい

2012-2013 増刊号 WORLD SOCCER KING プレミアリーグガイド

2013 特別号 WORLD SOCCER KING ユナイテッド特集

2015.3 WORLD SOCCER KING ドルトムント特集

フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 *中の写真がかわいい

2012 ザックジャパン完全ガイド SAMURAI SOCCER SPIRITS

20111 やべっちFC 2010-2011特大号

2013.10 著書「香川戦記」 Kicker

 

・サッカー系雑誌以外

2012.8.30 週刊文春

2012.9.6 週刊文春

まさかの2巻連続の香川特集。想像以上に充実した内容だった。

2011.8 GQ とにかく写真が可愛い。罪。

2012.10 GOETHE

2014.6 Frau Wエース特集。素晴らしくよくまとまっていて写真も素敵。

 

これで大体70冊ぐらい。日本以外で買ったものは除きました。

足りてないところばっかだろうけど、買ったらその都度更新します〜〜

(2016.1.13現在)

 

これから幾度となくあなたに「ありがとう」って言い返すんだろうな

 


ブログではご無沙汰しております、むじこと申します。

昨年留学してた時は大分このブログに色々書いてストレス発散を計っていたので、よく投稿をしていましたが、最近は大学生活も最後の3ヶ月となり、だらだらとした日常を送りながら、完全にブログの更新を怠っておりました。しかし今回どうしても、これだけは残して置かなきゃいけないと感じ、更新します。


さて今回の記事は、先日12月24日に開催されたShinji Dream Christmasについてです。私も幸いなことに、急遽発表されたイベントですが、持ち前のヲタ活動に対するフットワークの軽さを発揮し、開催地神戸まで単身で向かい香川選手からのクリスマスプレゼントを頂いてきました。
あの、ほんと、最高でした。私何度か香川選手の出ているイベントに参加していますが、ここまで記録しておきたいと思えたイベントは初めてでした。
なので、ブログに簡単なレポと感想を残しておきたいと思います。



f:id:astro412:20151228223032j:plain

 

SHINJI DREAM CHRISTMAS

in 神戸ユニバー記念競技場
_2015/12/24

今回のイベントは大きく分けて三部構成でした。

1、幼稚園(3歳から6歳まで)の集まってくれた子供達とサッカー

2、プレゼントタイム
3、神戸の小学生と試合形式でサッカー対決

時系列ごとに軽くレポをしていきます。

まず始めに、真司くんがこのイベントを告知したのはイベント当日から4日前。かなり急な発表でした。以前から24日にイベントを行うと言う告知だけはしていたのですが、詳細な情報が出たのは本当に直前。思わず元ジャニーズヲタの私は「ジャニーズ事務所か!」と突っ込みたくなったんですがwそれだけ色々考えて、最後の最後まで作り上げたイベントだったんだと思います。

しかしながら、ギリギリの告知で集まった観客の数は1500名以上。本当にびっくりしました。自分も遠征したのに思わず凄い!!って思ったなぁ。しかもこれ東京とかじゃないですよ。神戸でこの人数。いくら地元だし、関西にゆかりの深い選手だからってここまで集まるのはやっぱり人気の証拠ではないでしょうか。

かなり早い時間からスタジアム前には列が作られていて、本来の開場の時間を大幅に繰り上げて、スタジアム内に入ることができました。やっぱり、運営側としても予想外の大盛況だったんでしょうね、とても嬉しいことです。

さて、企画自体は13:30からスタートだったのですが、香川選手が登場するのは14時を予定していますというアナウンス。これには秘密がありました。

詳しくは、写真がある真司くんのブログを読んで頂きたいんですが、実はサプライズで彼には内緒で、ピッチの上に子供達と保護者達で人文字を作ってそれをセスナから撮影するという壮大な企画がありました。

lineblog.me

かなり大人数で、運営側も司会の西川さんを中心に声掛けしながら、人文字を作っていっていましたが、かなり大変そうでした…笑 でもその分出来上がりは素晴らしかったですね。個人的にはセスナを借りるんだ凄いな、お金掛かってるなぁ……って感心しちゃいました(笑)

 


第一部 香川選手と子供達でサッカー

f:id:astro412:20151228224832j:plain

 

さて、そんなこんな企画スタート。真司くんが入場。ここ凄く覚えてるんですが、照れくさそうに、でもとっても嬉しそうに観客を眺めていました。すぽるとの特集などでも言っていましたが、彼自身初のプロデュースイベントということで、人がどのぐらいが入るか不安がっていましたし、あの沢山の観客を見て、ホッとしたと同時に嬉しかったんだろうなって思います。真司くんファンにはお馴染みの司会西川さんと軽くお話しながらも、ニコニコで、本当に嬉しそうでした。

 

f:id:astro412:20151228225314j:plain

ここでサプライズゲスト登場!丸岡選手〜!
丸岡くんが来ると思わず破顔するしんじくん。本当に仲良しなんだぁと。

f:id:astro412:20151228225450j:plain

そして、もう一人のサプライズゲスト、高橋先生も登場!すごいな!wこの3人はピッチ上に散って、子供達の相手をします。高橋先生かなり二人より年上なのに頑張ってた!笑

 

さて、子供達はいくつかのチームに分けられて、それぞれ交代で2チームずつハーフコートで3人と一緒に自由にサッカーをします。ゴールも設けられてたけど、結構ぐちゃぐちゃになってたのでてきとーな感じなのかもしれないですw

 

f:id:astro412:20151228230523j:plain

 

どうしても真司くんのところには大量の子供たちが…笑 実はこれ50分以上少しずつ交代を入れながら行っていたのですが、大分しんどそうでした。そりゃずっと走りっぱなしじゃ大変だよなぁ。ということで、休憩がてら子供達とじゃれている真司くんが一杯みれましたよ〜〜!子供達にちょっかい出されたり、逆にちょっかい出したり、本当に楽しそう。

 

f:id:astro412:20151228230736j:plain

f:id:astro412:20151228230746j:plain

f:id:astro412:20151228230813j:plain

f:id:astro412:20151228230803j:plain

 

 子供達に対して、一杯話しかけて、話しかけてきたら目線を合わせて話して、突然仲間に入って無邪気に遊んで、思いっきり笑って、もう本当に子供のこと大好きなんだなぁ〜〜って。扱い方も凄くうまかった。サッカーするときは真剣にボールを扱ってスーパーなプレーを見せて、持ってない時はじゃれ合いながらニコニコ笑って、ほんと真司くんサッカー選手じゃなかったら絶対幼稚園の先生やった方がいい。こんなに子供大好きで、子供たちも素直に受け入れてるって凄い才能じゃないかな。

 

疲れているようだけど、それ以上に幸せいっぱいっていう笑顔で、ずっとボールと子供たちとじゃれ合ってました。真司くんが最初に「公園でボールを追いかけているような感じで」って言ってたけど、それを自身が一番体現してたなぁ。本当にサッカーが大好きで、子供が大好きで、それを見ている観客も幸せいっぱいでした。

 

f:id:astro412:20151228231610j:plain

 

 

第二部 プレゼントタイム

実はこの一部と二部の間に迷子の子が出てしまいました。そこで企画は一旦中断。スタッフを始め観客も総出になって探し回って、子供を発見。この時もしんじくんはマイクで子供に呼びかけたり、不安そうなお母さんの側に行ったり、見つかった子供に対して優しく話しかけたり、本当によかったなぁと思える瞬間でした。

さて、プレゼントタイムの時間は、事前にweb上にアップされてたshinjidreamシートを記入して入場の際に提出した人の中から抽選で3名、そして一緒にサッカーをやった幼稚園児から3名、計6名にしんじくんが直接プレゼントを手渡すという企画でした。

 

f:id:astro412:20151228232033j:plain

 

この時は、プレゼント当選者はしんじくん自身がアナウンスしてました。しかしこの時間の彼なんか凄いイケメンでした…写真見返しても、え、イケメンって思う程に。

選ばれた6名は順番に前に立って、香川選手に叶えてもらいたい夢を西川さんの方から発表していくという形式でした。トップバッターの方の夢はまさかの「壁ドン!」
開場からはどよめきと共に「よくやった!!」と思わず拍手が(いや私だけかw)まさか、ここで壁ドンがみれるとは想定外すぎて一瞬思考がとまりましたが、西川さんが「じゃあ僕壁役やりますね!」って言った瞬間面白くて吹き出しちゃいましたw

そして、相手の目をしっかり見ながら、笑いながら壁ドン(壁は西川さん)をするしんじ。会場は、阿鼻叫喚…w

 

f:id:astro412:20151228232843j:plain

 

ここで目線しっかり合わせて微笑む余裕のある男になったんだねしんじは……もう念願のテレビドラマオファーが来てもおかしくないね!!!笑 ずっと言ってるもんねテレビに出たいって!!笑

コレ以外にも、お姫様抱っこして下さい、肩車してください、パス交換してください、などなど面白い夢ばかりで見ているこちらもとても楽しめました!勿論夢として、「バロンドール穫ってください」「W杯で優勝してください」などサッカーに関する夢も多くありました。真司くん自身、はい、努力しますとしっかりと答えていました。子供たちの大きな夢を背負っている存在なんだなぁと改めて実感しました。

あんなに一部では無邪気に子供たちと笑っていましたが、二部ではしっかり世界で戦う香川真司が垣間みれたかな、と思います。沢山の夢を背負っているんですよね、その背中には。

兎にも角にも当たった皆さん本当におめでとうございます。想像以上に楽しかったのがこの第二部でしたね(笑)プレゼント当たった方も当たらなかった方も嬉しそうにしていた、いい企画だったと思います。

 

 

第三部 小学生とサッカー対決

f:id:astro412:20151228233434j:plain

迷子騒動などがあり、かなりスケジュールが押し気味に始まったこの企画ですが、簡単に言ってしまえばKYOKUGEN2013を思い出していただければいいかなと。香川選手vs神戸の小学生です。

ここでまさかの、ドルトムントユニで登場、会場を多いに驚かせました。正直に言うと私も日本代表ユニフォームでくるかなって思っていたのでびっくりしました。勿論いい意味で!まさか日本にいながらドルトムントの香川真司が今年アジアツアー含め2回も見れるなんて!これも素敵なプレゼントでしたね。私もみたことがないキャプテンマークをつけた真司くん、背中がかっこよかったです。

試合は8分ハーフで開始。初っぱなセンターサークルからロングシュートを狙う(笑)勿論これは入らず。その後は一部からずっと出ずっぱりだから疲れがたまっているのか、押されに押され前半を1−3のビハインドで折り返します。

 

f:id:astro412:20151228234637j:plain

 

前半終了後インタでは「大丈夫っす、余裕っす。こっちの方が面白いっしょ!?笑」と余裕をかますしんじくんですが、後半からはスペシャル助っ人丸岡君を投入。

しかし、猛攻むなしく3ー4で試合終了…wwwま、まけたwwと思いきや、しんじくんは泣きの一回を発動させます。お願いします!!と小学生達にいうとあっさりとオッケーとなり、関西人らしくしんじくんと丸岡くんずっこけるww

そして泣きの一回で時間を貰った二人はなんとか小学生相手に勝利!ドルトムントとしてのメンツを保ったのでした。 

 そして試合終了後女の子はしんじのところに歩いていき、ユニフォーム交換をお願いして、しんじと交換。最後小学生のぴっちぴちのユニを着るしんじも見れましたw地味にユニフォーム入ってたんで、小学生のユニきれる26歳って……ってなりました(笑)

 

 

試合終了後は、高橋先生も一緒に挨拶がありました。丸岡くんと順番に最後は主役。

真司くんからも来場者、参加者への感謝の言葉とメリークリスマスを頂きました。

 

f:id:astro412:20151229000055j:plain

 

 

以上簡単ではありますが、写真を含めながらのレポでした。

ここからは私の感想みたいな感じです。

 

しんじくんを見てきて思うのは、本当に分かりやすい人だなぁってことです。

それは良い意味でも悪い意味でもあって、楽しい時には本当に楽しいって顔をするし、辛い時にはついつい顔に出てしまう。今まで陰ながらも応援してきた私からみたしんじくんはそういう人です。

でもだからこそ、今回のイベントは「本当に楽しんでるんだ、感動してるんだ」っていうのが伝わってきました。

初めてのプロデュース企画。今までも子供たちとサッカーするキリンスマイルフィールドだったりとかマニフレックスさんが主催してくれたファンイベントTEAM SHINJIなど、似たような企画はやってはきましたが、彼自身が初めて全てを決めて自分の意思でやる企画。それに対して凄く責任を背負っていたんだなぁというのは企画の端々から感じられました。凄く盛り上げようとしてくれてた、しっかり運営側と連携を取ってた、迷子の時は本当に心配そうだった。

イベントはどう転ぶか分からない、生ものです。どれだけくるか不安でそわそわしていたと思います。企画がスムーズに進むのか心配だったと思います。実際にすぽるとの特集ではそんなしんじが垣間みれました。

 

それで、蓋を開けてみたら、大勢の観客が待っていた。沢山の子供達の笑顔が待ってた。イベント中、ファンも凄く幸せだったけれど、間違いなく一番楽しそうに笑って、目一杯楽しんでいたのは、香川真司本人でした。

それが見れたのが、凄く嬉しかった。本当に嬉しかった。ファンなんて単純なんですよ、好きな人が嬉しそうならこっちも嬉しい。それだけです。私のヲタク人生はそれを見るためみたいなもんです。だから私にとって、この企画は最高のクリスマスプレゼントでした。

凄く大胆なのに、時々とても繊細で、でもサッカー少年のように努力し続けてる彼が、少しでもこの大勢の観客をみて、背中を押されている気分になれたらいいなと思いました。


ラインブログも泣けたなぁ。凄く嬉しくてはしゃいじゃってる文章。たまにタメ語になっちゃってるのも、本当にありがとうって直球で、自分の言葉で伝えたいんだなって思えて余計泣けました。

 

私、真司くんの「ありがとう」って言葉が凄く好きで、彼が直球で感謝を込めるときに言う「ありがとう」にいくつも救われてきました。

 

例えば2012年まだユナイテッドにいた頃、年末まだ怪我が続いていた時にブログにあった「ありがとう」という言葉。あの当時は、良い試合が増えてきた時に突然の怪我で、しかも何ヶ月離脱かも分からなくて、かなりナーバスになっていた時でした。その時に彼がブログの中で率直な思いを伝えてくれた。その中のファンへの「ありがとう」という言葉に救われた。

例えば2013年、スカパー企画の香川真司おもてなしの時にファンへのメッセージを読んだしんじくん。夜遅くまで起きて試合を見てくれているファンに対して「これからも一緒に戦ってください、「ありがとう」」って書いてあったメッセージ。もっと応援しなきゃ、一緒に戦いたいって本当に思えた。

 

何度もありがとうって言ってくれる。敬語の文章のなかに潜む「ありがとう」っていう5文字、それがとても心がこもっているように思えて仕方なかった。今回もブログの中でありがとうって言ってました。しかもびっくりマーク2個付けて(笑)「ありがとう!!」だって。

 

 

そんなの、私の方がありがとうって言いたいよ。

いつも厳しい環境の中戦い続けてくれてありがとう、ファンのこと気遣ってくれてありがとう、美しくて綺麗で予測不可能なプレーで魅了させてくれてありがとう、サッカーというスポーツの素晴らしさを教えてくれてありがとう、強烈なプレッシャーの中弱音を吐かず日本を背負う10番でいてくれてありがとう、日本人が世界で戦う道を切り開いてくれてありがとう。

これからも幾度となくあなたに「ありがとう」って言い返すんだろうな。

こんな素敵なイベントを企画してくれて、成功させてくれて、クリスマスプレゼントも貰えて、本当にありがとう。大好きです。

 

 

アジアツアーの奇跡体験〜Durmゲーフラと共に〜

 

こんにちはmujicoです。就職活動をおろそかにし過ぎがち、です。

 

さてさて、7/6からBorussia Dortmundの皆さんはアジアツアーに突入し、その最初の目的地はJAPAN!

私を始め、多くのドルトムントサポーター、香川選手ファン、ドイツ代表ファン、イタリア代表ファン(?)などが熱狂し大盛況に終わりました。今回は、とても個人的に記録に残して置きたい出来事が沢山起きたので、それを文章に残して置こうと思います。

今回のお話のメインはゲーフラなので、そのゲーフラを中心として文章を書いていきます。

 

7/4(土) ドルトムント来日2日前

この日から私のドルトムント休暇は始まりました。金曜日までに全ての就活のやらなければ行けないことを一通り終わらせて、いざドルトムントを迎える準備!!!

 

ということで、私は前々から考えていたゲーフラ作りを始めました。人生で初めてのゲーフラ作りをドルトムントに捧げるのって、、なんかいいな。なんてこの時までは軽々しく思っていました。。。。

ゲーフラの作り方は色んなサイトに載っていると思うので、細かくは書きませんが、大体は原画をPCで作成し、それをポスター印刷という形式でプリントアウト(ExcelやWordなどで出来ると思います^^)私はA4の紙9枚分のサイズにプリントし、出来上がったのがこちらです。

 

f:id:astro412:20150709215641j:plain

 

これを、布の下に敷き、布を透かせながら下書きを書いていきます。ここまでは結構簡単。

 

しかしここからが大変でした。続いての色塗りに大苦戦。色んなサイトさんを元にして、マスキングテープで文字の外枠を覆っておいて、絵の具をそこにべったりと塗り、マスキングテープを剥がすと綺麗な文字になるという手法をつかったんですが、これで2時間やってERIKまでしか作れませんでした(苦笑)

上記の画像まで行くのに大体4時間ぐらいかかりました。。これ来日の二日前にやることではない。。。。初心者だからこそ、この過程でここまで時間を使ってしまいこの日はタイムアウト。

 

夜は、月峰さん主催のドルトムントサポの集まるシーズンエンドパーティーに行き、様々な方と情報交換したり、楽しくおしゃべりしたりしました(*'-'*)非常に有意義な時間でした!ちなみにここで、Durmくんのサイン入りのコースターを当てるという強運を発揮w 来日に向けて幸先の良いスタートを切ることができました。

 

 

7/5(日) ドルトムント来日1日前

この日はフォロワーさんとお出かけだったのですが、私が途中から体調不良に陥り、残念ながら早めに帰ることにしました。。ご迷惑をお掛けしました。

帰宅後にゲーフラの続きをやろうと考えてはいたのですが、体調不良が響き、とにかく寝ることを優先。来日1日前なのに、ゲーフラが20%しか完成していないという危機的状況の中当日を迎えることになりました……

 

 

7/6(月) ドルトムント来日当日

とにかく、どうしてもゲーフラを完成させたかったので、朝5時に起きて作業の続きを始めました。大体要領が掴めてきてからは、スピードも増し、僅か3時間で色塗りを完成させることができました。そして出来たのがコレ!

 

f:id:astro412:20150709221241j:plain

 

なんとなく形になったので、ミシンで、ゲーフラの棒を入れる箇所を縫い合わせて、最終的に3時間半で完成させる事が出来ました。とりあえず、空港行くまでに完成が目標だったのでギリギリになってしまいましたが、なんとか達成。ちなみに時間が余ったので、ドルトムントユニホームピンバッチも勝手に作っちゃいました(笑)

 

その後身支度を整えて、羽田空港へ到着。空港に付くと既に何人かのドルトムントファンの方々が出迎えに待機していて、更にワクワク感が増していきました。

 

大体、到着予定の1時間半〜2時間前辺りにアナウンスとポールを立てる作業が始まり、みんなが選手を迎える位置へと移動し、待機。私もこのゲーフラと一緒に待機します。

 

f:id:astro412:20150709222309j:plain

 

まだ選手達は到着していませんでしたが、ドルトムントのスタッフ陣が一足お先に到着しており、私たちの出迎えの様子を動画や写真でTwitterにアップしていました。私達もそんな彼らを見て、お出迎えモードバリバリで写真を取られにいきます。(笑)

そんな時に、たまたま私と隣のフォロワーさんにカメラが向けられて、このDurmゲーフラとフォロワーさんが持つエマ人形でアピールしてみたら結構食いついてくれた様で、何枚か写真を取って下さいました。まさかこれが後々重要な瞬間になるとは……

 

大体30分位前になると、警備員も配置に付き厳戒態勢が敷かれました。この際に、説明として、ゲーフラや旗などのものは二つに折り畳んでおくこと、掲げることはNGという説明が……

この時点でもう私は諦めモードに突入しました。折角作ったゲーフラだけど、掲げられないなら見てもらえる術などないと。とにかくDurmくんのユニホームは着ていたので、それを見て貰えたら嬉しいかなぐらい。

 

 

7/6(月) ドルトムント来日

そして、ついに選手達が来日、最初はスボが出てきたのですが、本当に丁寧に一人一人にファンサしてくれて大感激。感激しすぎた私は、スボの前でカメラの蓋を落とすという大バカっぷりw写真やサインを頂けるチャンスは逃しましたが、スボが拾ってくれて私にちゃんと渡してくれて、もうすみません!!><ってなりながらもちょっと嬉しかったです(笑)

その後も続々と選手や、お馴染みのドルトムントのスタッフ達が目の前を通過していき、本当にまるで夢のよう!特に、Zorc、Watzke、Nobbyとドルトムントファンならお馴染みの3人が通過した時は私のテンションもマックスでしたヽ(`・ω・)ノ!!!!!

 

 

そして、ついにその時は来た。Durmくんはまだかなまだかなと待っていると、さっき私とフォロワーさんを撮ってくれたスタッフが目の前に現れてジェスチャーで「呼んでくるから!オッケー!?ってわざわざ私に向かって合図をしてくれ、びっくりしながらも「Thank you !」叫ぶと、左から少しずつDurmくんが見えてくるじゃないですか……!!!!!!この時の興奮っぷりといったらなかったです…自分でもちゃんと覚えてないぐらい。

 

その後Durmくんが近づいてくると、スタッフに対して「どの子!?」と聞いてて、「この子だよ!」と私を指してくれました…(;;)

 

その時のことは、興奮しすぎてて本当にあやふやです。わざわざDurmくんが私の前で止まってくれて(スタッフさんがそういったのかな?)

「コレ作りました!!!!」

写真は、近くに居た月峰さんにお願いして、撮ってもらい、その後ゲーフラにサインして貰いました。。。ちょっと本当に夢みたいだった。。。

 

f:id:astro412:20150709224342j:plain

 

わざわざ長い間立ち止まらせてしまって本当に申し訳なかったのですが、少しでもこのゲーフラを見てくれたってのが嬉しくて嬉しくて、Durmくんが通りすぎた後は、放心状態でした。。。

 

f:id:astro412:20150709224217j:plain

 

こんな急ピッチで作ったものでしたが、最終的には念願だったDurmくんに会わせてくれて、しかも写真とサインまで頂けるなんて、本当に本当に思っていなかったのでびっくりです。

 

この時、周りには大勢の知り合いのドルトムントサポの方々がいたのですが、みんな誰もが祝福してくれて、それに余計に感動して泣いちゃいました(笑)実は、今までドイツに行った際にも、なかなかDurmくんにだけ出会えるチャンスがなく、こうやって面と向かって対することは初めてのことでした。

 

2013年の8月、PSMでDurmくんの名前を見てから、検索してイケメンで同い年の選手がドルトムントのファーストに上がって来たんだ!って知ってから、ハマって約2年、こういうような形で夢が叶うなんて本当に思っていませんでした。

上記にも述べたように、ゲーフラやフラッグなどのものを掲げることは原則的に禁止だったので、スタッフさんがあの時に気付いてくれて、Durmくんに言ってくれなければ何も言えずにただ通りすぎただけになっていたと思います。

本当に運が良かったとしか言いようがありません。又、周りにいたサポーターの方々も協力してくれて、本当に楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

 

 

(おまけ)

7/7(火) フロンターレvsドルトムント試合後

試合後にも、ゲーフラをちょこっとだけ掲げました。あんまり迷惑になってしまわないように、短時間だけ掲げていたのですが、その時に丁度フン様に気付いてもらえましたヽ( ´¬`)ノ!びっくりしたかの様に指をさされました。うん、わかる。だって他のゲーフラより桁違いにデカいもんねw

 

f:id:astro412:20150709225605j:plain

 

そして、実際にはDurmくんがどこにいるか気付いていなかったのですが、写真で見ていたらどうやらDurmくんも気付いてくれたようです(??)

 

f:id:astro412:20150709225753j:plain

 

f:id:astro412:20150709225758j:plain

 

幸せな記憶を本当にありがとう、ドルトムント!!!

また日本に来てくれたら本当に嬉しいです。そしてまた絶対にドイツに行きます!

 

あとゲーフラはもうちょい小さめではないと人に迷惑が掛かるので、次作る際には気をつけます……><

 

U21EUROが始まる前に、U21ドイツ代表っこの紹介がしたい。

 

こんばんはmujicoです(^ω^)元気かどうか聞かれるとどちらかというと元気じゃないなと返答しまいがち、です。

 

今回は表題にある通り、U21EUROの初戦が始まる前に、ドイツU21っこ達の紹介をしよう!という内容です。

最近正直に言うと忙しさにかまけて中々ドイツっこ達を追い掛けてこなかったのですが、やっぱりEUROが始まる前にしっかりと情報整理をしておいてから試合に望みたいなと考えた次第です。

U21は、一昨年からErik Durmくんを追いかけるようになってから注目し始めて、昨年にはドイツのHalleという所でEuroの予選も観戦したりとドイツU代表の中では一番注目してみているチームです^^

簡単に説明しますと、U21っこはアンダー世代だと最も代表に近い年齢の選手達が揃っているチームです。ちなみにU21って言ってるけど、年齢制限は23歳以下なので、21歳以上もいたりします。昨年ユーロ予選があり、U21は危なげなく予選突破。本戦へとコマを進め、今日からGermany U21のEUROが始まります。

ドイツ代表U21は、残念ながら優勝は2009の1回のみで、それ以外はぱっとしない内容が並んでいます。今回も予選はあっさりと通過できましたが、2013年と同様にグループステージ敗退の可能性も孕んでいますし、冷静に初戦を迎えたいですね。

 

って私が分析してても始まらないので早速選手紹介を始めたいと思います( ´¬`)!

ちなみU21にはこんな素敵なwebsiteができたので是非そちらも参照してください♩

 

  • GK

f:id:astro412:20150617210238j:plain

 

No.1 Bernd Leno (23)

所属:Bayer 04 Leverkusen

14試合出場(GK内最多)

 

No.12 Marc-andre ter Stegen (23)

所属:FC Barcelona

9試合出場

 

No.23 Timo Horn (22)

所属:FC Köln

4試合出場

 

GK陣は、本当に有名どころばかりが集まるのが特徴と言っても過言ではありません。4人目として、Mainz 05の正GKのモデルかと見違うようなイケメンKariusくん(画像参照)も予備登録の時点では入っていたのですが、さすがに4人は選ばれないか。

ボルシアメンヘングラッドバッハからバルセロナに移籍し、今シーズンはCL優勝を果たしたシュテーゲンすらサブにいるという豪華っぷりです。Kölnの正GKでりんごほっぺがキュート(お髭そったらもっと可愛い)なHornくんも実力者でありますし、本当に層が年々厚くなってきました。私はこのU21GKが本当に大好きで、実力者揃い・私の好み揃い(笑)最高か!

ちなみに上記の画像は自分で取った写真で作成しようと意気込んでたのですが、生憎シュテーゲンは写真をもっていなく…3人になってしまいました。。シュテーゲンゴメン!

こんな紹介画像があるのはGKだけなので(完全に贔屓、笑)以下は文字のみでお楽しみください。

 

 

  • DF

 

No.2 Julian Korb (23)

所属:Borussia Mönchengladbach

6試合出場

 

No.3 Chirstian Günter (22)

所属:FC Freiburg

6試合出場

 

No.4 Matthias Ginter (21)

所属:Borussia Dortmund

10試合出場

 

No.5 Nico Schulz (22)

所属:Hertha Berlin

10試合出場1得点

 

No.16 Robin Knoche (23)

所属:VfL Wolfsburg

9試合出場1得点

 

No.22 Dominique Heintz (21)

所属:FC Freiburg

5試合出場1得点

 

メンバーの中で最も変動の激しいポジションがDF陣です。WeltmeisterであるGinterくんもここに名を連ねています。以前では本代表に名を連ねるDurmくん、U20代表のStarkくんなども招集されていました。

どちらかというと中々メンバー定着のしないポジション。層が全体的に薄いのかなという印象を受けます(ドイツ代表全体が)。その中でも、HerthaではレギュラーでMF本職のSchulzくんや、BMGで活躍し、私的には絶対にチョビヒゲを剃った方がカッコいいと思うKorbくんなどなど、少ない人数ながら面白いメンツだと思います^^

注目は、Ginterくん。若手ながらもDF陣の中では唯一前回大会を経験している選手です。冷静なDFコントロールをお願いしたいな!

私の予想スタメンとしては

GK

Korb Knoche Ginter Schulz

といった形で行くのかなと、予想しています。

 

 

  • MF

 

No.6 Johannes Geis (21)

所属:FSV Mainz 05

10試合出場

 

No.7 Leonardo Bittencourt (21)

所属:Hannover 96

16試合出場3得点

 

No.8 Younes Malli (23)

所属:FSV Mainz 05

10試合出場1得点

 

No.10 Moritz Leitner (23)

所属:VfB Stuttgart

23試合出場7得点

 

No.11 Emre Can (21)

所属:FC Liverpool

9試合出場

 

No.14 Keren Demirbay (21)

所属:FC Kaiserslautern

0試合出場

 

No.17 Joshua Kimmich (20)

所属:RB Leipzig

4試合出場

 

No.18 Maximilian Arnord (21)

所属:VfL Wolfsburg

4試合出場

 

No.19 Amin Younes (21)

所属:FC Kaiserslautern

14試合出場3得点

 

No.20 Max Meyer (19)

所属:FC Shalke 04

5試合出場1得点

 

No.21 Felix Klaus (22)

所属:FC Freiburg

2試合出場1得点

 

こちらはDFとは打って変わって、タレント揃いな中盤勢。ドルトムントサポにはお馴染みのBittencourtとLeitnerのU21っこMFコンビや、LeverkusenからLiverpoolに移籍し、昨年は怪我に悩まされながら復帰後はレギュラーとして定着したCanくん。このチームでは最年少で期待大なMeyer、ドルトムントに移籍かという噂で注目度の高い、U21のCKとFKを担うGeisくんなどなど面白いメンツばかりです。

注目はLeitnerでしょうか。前回の2013EUROでは招集されず、人一倍悔しい思いをした彼。今ではU21の中核であり、リーダー的存在になりました。ドルサポとしても、彼に注目したいです :)

 

  • FW

 

No.9 Kevin Volland (22)

所属:TSG Hoffenheim

18試合出場9得点

 

No.13 Philipp Hofmann (22)

所属:FC Kaiserslautern

15試合出場9得点

 

No.15 Serge Gnabry (19)

所属:FC Arsenal

2試合出場

 

最後はFW陣です。始めは我らがキャプテンのVollandくん。Hoffenheimでも大活躍ですが、U21にもなくてはならない存在です。ホフマンが多すぎるのでよくP.を付けて区別されるP.Hofmannくんは、高い身長を生かしたポストプレーと得点感覚に優れています。この二人はすごく対照的で、とてもバランスのとれたFW陣だと思います。先日U21デビューを果たした、Arsenalの若手Gnabryくんも招集されました。

注目は、やっぱりVollandくん、彼が得点することでチームが活気づきいい方向へ向かうことを信じています♩

 

 

 

f:id:astro412:20150617223924j:plain

 

以上の23名が今回のU21EUROを戦うU21ドイツ代表です。

グループステージを超えることが出来れば、2016年のリオオリンピックも見えてきます。このチームをもっともっと見れるように、今年こそグループステージを突破し、オリンピックで戦うドイツ代表がみたいですヽ(`・ω・)ノ

 

試合は今日の夜中の27:45からと非常に遅い時間ではありますが、頭の片隅にでもいれておいて頂けると嬉しいです^^

さぁ、勝利を願って(`・ω・)ゞいけーーーーU21っこ!!

 

 

私の価値観を変えてくれた試合の話(vs Wolfsburg戦)

 

こんにちは、mujicoです。只今絶賛お仕事探し中な私ですが、比較的だらだらしてしまう体質なので、のっそのっそと動いています。このままでいいのだろうか。天から仕事が降ってくれたらいいのに。

今回も去年留学中のお話。今度はサッカーの試合を見に行った時の話です。

 

 

昨年12月の中頃、私はドイツにいました。留学中では三度目のドイツ。1回目はバイエルンとのスーパーカップを見に行き、2回目はドル以外のブンデスのチームやドイツ代表の試合を見に行き、3回目は去年初めてのドルトムントのリーグ戦を見に行きました。

 

 

 

17/12/2015 Borussia Dortmund vs Wolfsburg 2-2

 

f:id:astro412:20150503131852j:plain

 

 

ドルトムントの試合は親善試合(PSM)を含めれば結構見に行ってはいたのですが、2014/15シーズンのドルトムントのリーグ戦を見るのは、これが初めて。この時期は特に、ドルトムントはどん底だった時で(最下位らへんをうろうろ)どんよりとした空気があの周辺に漂っていました。

 

それでも個人的にはリーグ戦初観戦!クリスマスモード一色のドイツはとても綺麗で、テンションは上がる一方でした。

ちなみにこの試合、私はファミリーブロックで見ていたのですが、そこではクリスマス用の帽子が配られていました。(他のブロックでも配られていたのかは不明w)エマたんもちゃっかりその帽子を被って登場。黒い帯みたいなのの上が帽子になってます。

 

f:id:astro412:20150503132417j:plain

 

 

実はなんでこの試合のお話を書こうと思ったのかというと、「私の価値観を変えた試合」だったからです。

試合自体は2-2と引き分けで終わり、内容自体が面白かったというのもありますが、そこではなく、私が今までサッカーを見て来た中で感じたことのない感情を抱いた試合でした。

 

 

この時のドルトムントは、近年稀に見るどん底でした。

後半戦は持ち直し、今は降格というのも考えずに住んでいますが、前半戦は勝ち点が殆ど取れない試合が続いていて、CLはかろうじて勝ってはいましたが「勝ち方を忘れてしまった」かのような選手達をみるのは、とても辛かったです。

 

私自身も、正直に言うと中々試合を見る気持ちになれない時代でした。

勝つことの出来ない彼らを見つめて、自分自身も落ち込んでしまう。勝ち負けのあるものだからこそ、喜びが膨れ上がるというのもありますが、負けてしまう時は立ち直れないという時も多くありました。

 

この日の試合展開も、「勝ち方を忘れ、自信を感じれないサッカー」だったように思います。華麗な先制点を取ったドルトムントでしたが、Wolfsburgにあっという間に追いつかれ、結果はドロー。前半は、このまま勝てるんじゃないか、という気持ちが溢れていたのに、後半は相手の得点からチームの焦りが見え始め、ミスが目立つようになりました。

 

その時に、このSIGNAL IDUNA PARKに降り注いだのは、圧倒的なブーイングの嵐でした。

 

f:id:astro412:20150503133831j:plain

 

この、8万人を要する世界最大級のスタジアムで聞くブーイングは、私の少ないサッカー人生の中で聞いたブーイングのどれとも違うものでした。

 

自チームに対してのブーイングは後半時が経つに連れてもの凄いものになっていく。勿論チャントが鳴り響く時もある、でも選手達の細かいミスだったりとか、上手く連携が取れてないシーンがあると容赦ないブーイングが返ってきます。

気持ちは、痛いほど分かりました。本当にドルトムント勝てない中で、選手達が自信をなくしていってしまって、出来るはずのことが出来てない。それに苛立ちを隠せないファン。全員が全員、ブーイングをする訳ではないです、勿論良いプレーをした時には大きな拍手が返ってくる。

 

でも、こんなプレッシャーの中で、試合をする選手達を思い、私は呆然としました。

 

どんな試合でも選手達はもの凄い緊張感の中で試合をしていると思います。一つ一つのプレーに命を掛けて、全力で勝利に向かっていく。

でも、見ているだけで、この音を聞いているだけで胸が押しつぶされてしまいそうになる空間を、私は初めてみました。

 

そして、その中で戦う選手達を思い、泣きそうになりました。

 

8万人が声援を送り、8万人がブーイングを送る世界。その世界に香川真司は生きているんだなって。私が知っている緊張だったりとか、苦しみだったりとかと比べものにならない位のものを背負っているんだろうな。

なんだか、自分がちっぽけに感じた試合でした。

 

 

少しだけ悲しい話をしてしまったので、ちょっと嬉しかった話。

 

サブ組の練習中、みんなを盛り上げてくれていたのはヴァイデン兄貴でした。やるぞーって気合い入れてたり、しんじに対してもこんな感じ。

f:id:astro412:20150503140840j:plain

 

やっぱり兄貴は、兄貴なんだなって感じました。選手達のお兄ちゃん的存在である彼は、ベンチにいてもしっかりとみんなをサポートしてくれていました。やっぱり兄貴は偉大です。

 

あとちょこっとだけ動画も、試合前のシーンです。

なぜかキャプテンとベンちゃんが二人で笑いあってます。何話してるのよー!

youtu.be

 

 

 

 

 

 

留学中、旅行などで行った場所とサッカー観戦のまとめ

 

そういえば留学のまとめ的な記事って書いてなかったかなと思って書こうと思います。


自分のこととかよりも、イギリスのこととかドイツのこととか。なので旅行とか行きたい方に向けて話します。

あ、後勿論サッカーについても(笑)

 

 

2014/4〜2015/1

 

f:id:astro412:20150307144646j:plain

f:id:astro412:20150307144608j:plain

 

私はイギリスのイーストボーンというところで留学していました。
イギリスの南東部の海の街、お世辞にも大きな街とは言えませんが、夏はイギリス国内からビーチを楽しむために観光客が来るような場所。とにかく、天気がいいという所と、私が大好きな自然が沢山ある程よい大きさの街でした。

 

f:id:astro412:20150307145002j:plain

特に印象的なのは、セブンシスターズ
イギリス南部を代表する観光地なんだけど日本人の人にはあまり知られてないのかな?イギリスらしくない雄大な自然と、海岸線の何個もそびえ立つ白いクリフがとても綺麗な場所です。もしもイギリス南部に行く際には是非。ちなみにハリーポッターの撮影場所としても有名。

 

f:id:astro412:20150307144934j:plain

 

夏の期間私は4回ぐらい訪れたんだけど、とてもとても大好きな場所になりました。自然って凄いよ。草原に羊達が放し飼いされてて、その先には真っ白な崖(って言ったらいいのかな?)があって幻想的。夏の晴れた日なんかに行ったら最高で、なんかイギリスのイメージにはない新たな魅力を感じられると思います。

 

f:id:astro412:20150307144858j:plain

 

 

 

次は旅行でイギリス国内巡った場所、Brighton、London、Cambridge、Cantarbury、Lewes、Manchester、Liverpool、Scotlandについて

それぞれ一言で言うと

 

「Brighton」

f:id:astro412:20150307150030j:plain

お洒落な海岸の街、大都市でおしゃれなカフェや雑貨屋さんが沢山。
ゲイの街として有名なんだけど、それだからこそ(?)芸術文化が凄く盛んで、そういうのが大好きな人にはオススメ。

 

 

「London」

f:id:astro412:20150307145714j:plain

f:id:astro412:20150307145522j:plain

言わずもがなの観光地。ごちゃごちゃしてて、色んな世界がまとまってできた都市。自分の好きな物によって行き先が全然違うのが面白い。ミュージカルは絶対に見て欲しい。そこまで高くなくて、本格的。

 

「Cambridge」

f:id:astro412:20150307151912j:plain


学生の街だけど凄くコンパクトで可愛らしい街。それぞれのCollegeに入って大学の建物を見るのもよし、マーケットを見るのもよし。日帰り旅行で丁度いいサイズ。

 

f:id:astro412:20150307152253j:plain

 

 

 

 

「Canterbury」

f:id:astro412:20150307150904j:plain

大聖堂がとても有名な南東部の街。カンタベリー大聖堂は一見の価値あり、中はとても広く美しい。街自体もこじんまりとしていて、可愛らしいが余り見るところもない。個人的にはお祭りをやっている最中だったらしく賛美歌を聞けたのは嬉しかった。

 

f:id:astro412:20150307150841j:plain

 

 

 

 

「Lewes」

f:id:astro412:20150307150349j:plain

知名度もそこまでなく、かなり小さな街だが一つだけとても有名なことがある。11月にイギリス全土で行われる祭り、ガイフォークスで最も盛大な物が行われるのがここだ。普段は小さく可愛らしい街並だが、お祭りの日だけは人がごった返し、火に覆われる。花火と火を持った人々がパレードをするのがメインの祭りだが、危険な面もあり、町中のガラスに板のガードが打ち込まれる。中々面白い

f:id:astro412:20150307155229j:plain

 

 

 

「Manchester」

f:id:astro412:20150307152932j:plain

サッカーを見るために行ったので観光はあんまりしてない(笑)
でもFootball museumだったり鐵道博物館だったり、ミュージアムが多いのでそういうのが好きな人にもオススメ。マンチェスターユナイテッド、シティのスタジアムは流石。

f:id:astro412:20150307151951j:plain

 

 

 

「Liverpool」

f:id:astro412:20150307153144j:plain

私の第二の故郷。音楽とサッカーが好きな人には最高の街だと思う。アルバートドックは横浜の赤レンガ倉庫みたいなお洒落感。でも全体的には北部特有のどんよりした感じと人の暖かさがある街。また行きたいよ。

 

 

「Scotland」

f:id:astro412:20150307145853j:plain


ヨーロッパの街並に飽きたら行って欲しい街、この街の建物はどこの国や都市とも違う魅力があると思う。全体的に灰色で覆われているのに、かっこいい。ハリーポッターが生まれた場所らしく「魔法」が似合う都市だと思う。

f:id:astro412:20150307145937j:plain

 

 

 

 

さて次は、ドイツのお話
私この留学中にドイツに3回もお邪魔しました。全てFootballを見るためです(笑)合計すると約3週間もドイツに行っていて、やっぱり私ドイツに留学すべきだったのかもと思い始めるレベルです。帰ってきてからみんなに「ドイツに留学してたんだよね?」と聞かれるのに苦笑していますw
ということで主にFootballとそれぞれの都市の感想をなんかを

 

観戦歴

PL Manchester Utd vs Norwich          Old Trafford
PSM Liverpool vs Dortmund            Anfield
PSM Borussia Dortmund vs Bayern        SIGNAL IDUNA PARK
BL Leverkusen vs Hertha Berlin          BayArena
BL Mainz 05 vs Hannover                   Coface Arena
IFM Germany vs Argentina                  ESPRI Arena
EMQ Germany U21 vs Scotland U21    Halle
EMQ Germany vs Scotland                 SIGNAL IDUNA PARK
CL Arsenal vs Dortmund                     Emirates Stadium
BL Dortmund vs Wolfsburg                 SIGNAL IDUNA PARK

計  10試合

 

 

ドイツで行った都市(とスタジアム)
Dortmund(3回以上)、Dusseldorf(2週間)、Köln、Frankfurt、Mainz、Leverkusen、Berlin、Halle
以下はドイツと(少しイギリス)のスタジアムと都市について

 

 

「Dortmund - SIGNAL IDUNA PARK」

f:id:astro412:20150307151339j:plain


私の愛するドルトムントの本拠地、黄色と黒の街。世界で一番収容できるサッカー専用スタジアムで、世界で一番の集客数を誇るのがSIGNAL IDUNA PARK。毎試合述べ8万人(CLだと6万人)の座席数がソールドアウトする世界。ものすごいチャントとブーイング、このスタジアムに行ってしまうともうこれ以上はないなって思ってしまう。ちなみに都市自体はそこまで見るものはない(笑)サッカーの街

 

f:id:astro412:20150307151352j:plain

 

 

 

「Dusseldorf - ESPRI Arena」

f:id:astro412:20150307151106j:plain

欧州最大の日本人街を有するのがDusseldorf。日本通りなんてあったりして、留学生の憩いの場。ラーメンもおにぎりも親子丼も総菜パンでもなんでもある。日本人が泊まるなら最高の街。ESPRI Arenaは比較的新しいスタジアムで、見やすいし屋根が閉まるので雨でも安心。

 

f:id:astro412:20150307151100j:plain

 

 

 

「Köln」

f:id:astro412:20150307153832j:plain


NRW州に置ける最大の観光地。有名なのはケルン大聖堂で、ゴシック建築が大好きな人にとっては聖地。駅からすぐの大聖堂は天にまで届くかのような建造物は圧倒的。それ以外にもチョコレート博物館やショッピングだったり、観光する場所が多くある。FC Kölnは次の旅行では絶対行きたいチーム。熱狂的なファンが多く、チームマスコットが可愛い。

 

 

 

「Leverkusen - Bay Arena」

f:id:astro412:20150307154025j:plain

凄く凄く好きなチーム。Leverkusenは常にブンデスリーガの3番手をキープする強豪。なのに、スタジアムは凄く小さくて家族連れが多くアットホーム。とても見やすいスタジアム、そしてチケットも取りやすい。レヴァークゼンはとても魅力的な試合をするチームだと思う、おすすめ

 

 

 

「Mainz - Coface Arena」

f:id:astro412:20150307151159j:plain


Mainzの本拠地は、まるで田舎のパチンコ屋さんのように、広大な敷地の中にぽつんと立っている。中規模のスタジアムで見やすい。しかしアクセスがやや難しい。駅からシャトルバスにのって約10分弱のところにある。

 

 

「Frankfurt 」

f:id:astro412:20150307151302j:plain


近代的な街、観光地というほど見るものはないけどショッピングならいいかも。フランクフルトの練習場はスタジアムの目の前で行きやすい。空港が近くにあるため沢山の飛び立った直後の飛行機が見えるのがカッコいい。

 

 

 

「Berlin」

f:id:astro412:20150307153757j:plain


兎に角クレイジーな街だった。歩いてたら意味のわからない全身に切り込みを入れた衣装を来ている若者に出会う。交差点でいきなり大道芸が始まり、交通渋滞が生まれる。でも物価は大都市なのにものすごい安い。凄い美味しい大きめのアイスが一個1ユーロ(120円)だったり、ホットドックが90セントだったり、クレイジーで最高に楽しい街だった。絶対もう一度行きたい町。そして次こそはHertha Berlinのとても大きなオリンピックスタジアムで応援がしたい。

 

 

 

「Halle - スタジアムの名称不明(笑)」

f:id:astro412:20150307154351j:plain


U21ドイツ代表の応援の為だけに向かったのがHalleという街。とてもこじんまりとした街で、スタジアムも遠いところにあるし、応援しに行ったら観客が2000人しかいないし(爆)なんだか面白かった。もう来ないだろうけど、こういう地方都市の小さなスタジアムに行く機会が持てたのはよかった。

f:id:astro412:20150307154416j:plain

 

 

 

「London - Emirates Stadium」

f:id:astro412:20150307150314j:plain


アーセナルの本拠地。エミレーツスタジアムは流石というほど大きくて、立派。スタジアムはどちらかというとゆったりな傾斜で、見やすいがピッチが遠い。CLの試合だったのであのアンセムをエミレーツで聞くことができたのはとても嬉しかった。

 

 

以上、留学先で撮った沢山の写真はもったいないので、ちょこちょこ記事に入れ籠みながらアップしていけたらいいなとおもいます^^